茨城のゴミ屋敷に住む俺が片付け業者を調べてみた。 » ゴミ屋敷のリスク・トラブルについてまとめてみた。 » 害虫

害虫

img01

あんまり考えたくないことだが、たぶんゴミ屋敷には虫がいっぱいいる。この現実から普段は目をそらしているが、健康に被害が出てからじゃ遅いと思うんだよな。そこでだ。まずは"敵"となる害虫のことについて詳しく調べてみた!

ゴミ屋敷に棲みつく害虫一覧

ゴキブリ

生ゴミをエサにする害虫の代表です。また、ゴミ屋敷にはゴミが散乱し、ゴキブリが好む暗い隠れ場所もたくさんあるのでまさに天国と言えるでしょう。

しかも繁殖力が強い上、エサとなるゴミも豊富なため、大量発生しやすい傾向が。ゴミもゴキブリも放って置くとどんどん増えてしまいます。ゴミ屋敷片付け業者の中にはゴキブリ駆除を行っているところもあるので相談してみましょう。

ハエ

ハエは特に水廻りで繁殖しやすく、ゴミなどを放置しておくとコバエが発生しやすくなります。

ゴキブリと同じように繁殖力が強いので、見つけたら早めに駆除するのが賢明です。

水廻りに、例えば水がたまったままのコップや桶などを長期間放置してしまうと、蚊がそこで卵を生み、蚊の幼虫のボウフラが大量発生することがあります。

さらに蚊の成虫は人間の血を吸い、皮膚にかゆみを引き起こすなど健康にも影響を与えます。

アシタカグモ

ゴミ屋敷にゴキブリが増えると、それをエサにするアシタカグモも集まってきます。

アシタカグモは害虫を食べてくれる益中ですが、クモとしてはかなり大きく、外見がグロテスクなのが難点です。

害虫による健康被害

害虫は見た目が気持ち悪い上に、不衛生なのも大きな問題点。人間の体に悪影響を及ぼすこともあります。害虫による健康被害をまとめてみました。

ゴキブリ

食中毒の原因となる雑菌などを運ぶ媒体になります。ゴキブリの死骸やフンによりアレルギー喘息などが起こるケースもあります。

ハエ

ゴキブリよりもさらに雑菌や病気の媒介となる可能性が高いです。

蚊に刺されるとかゆみが生じだけでなく、感染症にかかってしまう怖れがあります。その中には死に至る病も存在するため、くれぐれも注意が必要です。

このほかにもゴミ屋敷にはさまざまな害虫が存在しています。例えば、ダニはアレルギーの原因になりますし、虫ではないですがネズミは衛生面においてゴキブリ以上に危険です。特に高齢者は注意が必要。免疫力が低いときにはさらに病気のリスクも高まります。

管理人・ビッグゴミィより

img01

俺、あんまり虫は得意じゃないだよ。ゴミ屋敷にそんなにゴキブリだのハエだのいると思うとゾクッとするぜ。ゴミも物も多いし、見た目にはわかんねえところにいっぱいいるんだろう……。たいへんだ。早くゴミを片付けちまわねえと!!

見積もり費用で比べてみた!
茨城のゴミ屋敷片付け業者5選

※写真で見積もりを取ったため、あくまでも「およその金額」である。現地見積もりの際には、追加料金がかかる場合もあるそうだ。
税込・税抜に関しても各業者に確認してみてほしい。