茨城のゴミ屋敷に住む俺が片付け業者を調べてみた。 » ゴミ屋敷のリスク・トラブルについてまとめてみた。 » 孤独死

孤独死

img01

確かに、家の中が汚れてゴミ屋敷になってから、俺の家には人っ子ひとり遊びに来ていない。家族とも会っていないし、このままだとまずいよな。俺が今、怖いと思っているのは孤独死だ。でも、孤独死って何で起こっちまうんだ?

ゴミ屋敷で実際に増加している孤独死について

孤独死のリスクが高まってしまうゴミ屋敷

ゴミ屋敷と孤独死とは切り離すことができません。

もちろん、ゴミ屋敷の住人が必ずしも孤独死するとは限りませんが、身内も他人もほとんど訪れることのないゴミ屋敷は孤独死につながりやすい環境にあるのです。

その原因の1つが、ゴミ屋敷の住人が家族からも近隣からも孤立しがちなことでしょう。家族から何度忠告されてもゴミを片付けなかったり、悪臭などの問題で近隣とトラブルになっていると、どうしても周りと疎遠になってしまいます。

住人が健康なうちはいいですが、そうした状態で何かのきっかけで病気になってしまうと看護してくれる人がいなくなります。また、もともと介護が必要なため、ひとりではゴミを片付けきれなくてゴミ屋敷になってしまうというケースもあります。

そんな環境で孤独死という深刻な状態が起こると、発見されるまでに数か月かかったということも現在社会では決して少なくはありません。さらに、周りはゴミだらけですから現場はとても悲惨です。

ゴミ屋敷での孤独死の発見は遅れがちに

孤独死は高齢者ばかりとは限りません。現在では若者の孤独死も急増していると言われています。

若者の孤独死には貧困や病気などさまざまな理由がありますが、ゴミ屋敷でこうした孤独死が起こると、その発見が遅れてしまうことがあります。

これは、誰もが第一発見者になりたくないという思いと、ゴミ屋敷という環境もあって現場が悲惨であることが容易に想像できるからです。

家族がゴミ屋敷の片付けを負担

その家の住人が亡くなった場合、ゴミ屋敷のゴミを片付けるのは親戚や家族です。もしも身内が誰も見つからない場合は、大家さんがゴミを片付けることになります。

きちんと片付けをしていないので、こうした場合にはその家の住人がほかの人には見られたくないと思っていたものまで見られてしまいます。また、価値あるものや大切にしていたものも、単なるゴミとして捨てられてしまうケースも。

ゴミ屋敷の住人が遺言や財産を残していれば別ですが、ゴミの片付けのために業者へ支払う費用やその手間暇も住人の親戚や家族が負担することとなり、かなりの迷惑がかかることとなります。

管理人・ビッグゴミィより

img01

ゴミの上で孤独死なんて、絶対したくないよなあ、誰だって。想像するだけで恐ろしい。ちゃんと片付けとかないと、俺の秘密のあれもこれもみんなに知られちまうことになるなんて、恥ずかしくてまっすぐあの世にも行けないぜ。

見積もり費用で比べてみた!
茨城のゴミ屋敷片付け業者5選

※写真で見積もりを取ったため、あくまでも「およその金額」である。現地見積もりの際には、追加料金がかかる場合もあるそうだ。
税込・税抜に関しても各業者に確認してみてほしい。