茨城のゴミ屋敷に住む俺が片付け業者を調べてみた。 » ゴミ屋敷のリスク・トラブルについてまとめてみた。 » 火災

火災

img01

家の中にも外にもゴミがあふれているゴミ屋敷は、燃えやすいものも多くて、万一にも火がつけばあっとう間に燃え広がっちまう。だがよ、火事が起こる原因は何が一番多いんだ?ゴミ屋敷の火事の原因について俺なりに調べてみたぜ!

ゴミ屋敷が原因で起こってしまう火事の危険性

放火による火災

住宅火災の要因の1つに「放火」があります。

火災自体が人命を脅かす危険性のあるものなのに、残念なことですが、住宅火災における放火の割合は決して低くはないんです。

そんな中でも放火の被害を受けやすいと言われているのがゴミ屋敷です。

ゴミ屋敷は家の中だけでなく、庭、さらには玄関前などにゴミがそのまま放置されていることも少なくありません。しかも大量に積まれている場合もあるため、仮に一旦火が付くと燃え広がりやすくなります。放火魔が見逃すはずはありません。

また、ゴミ屋敷は悪臭や見た目の不衛生さもあって、注目を浴びやすく、放火魔にも狙われやすいのです。放火を考えている人が、まずどこから火をつけようかと考えたとき、真っ先にゴミ屋敷が浮かんできてしまいます。

ゴミ屋敷では家じゅうにゴミが散乱しているため、火がつくとあっという間に燃え広がり、住人による初期消火が困難になることも。さらには燃えやすいものも一般的な家庭より多く、鎮火までには時間がかかってしまいます。

火の不始末による火災

タバコによる火災は、未だ火事の原因の中でも多くの割合を占めています、

ゴミ屋敷で暮らしていると生活習慣が乱れていることも多く、お酒を飲んでそのまま寝タバコをしたり、火種をきちんと消さないまま吸い殻を灰皿に放置したりといった行為が見られます。

タバコは吸わないから大丈夫……というわけでもありません。火の不始末は何もタバコだけでなく、コンロやストーブの火の消し忘れも含まれます。

ゴミ屋敷で火の不始末が起こりやすいのは、火もととなる灰皿の吸い殻やコンロ、ストーブなどのすぐ近くにゴミが散乱しているせいもあります。そのため一般の住宅よりも火災が起こりやすいのです。

トラッキング火災

トラッキング火災とは、コンセントと差込口の間にほこりがたまり、電流による火花などによって火事が発生することです。

そもそもゴミ屋敷ではほこりがたまりやすく、コンセントの差込口は家具の裏側など目立ちにくいところに設置されていることもあって、ますますトラッキング火災が起こりやすくなります。

コンセントの差込口がどこにあるか普段からきちんと把握しておき、ときどきほこりがたまってないか確認することが大切になりますが、ゴミ屋敷で暮らしているとなかなか気づきにくくなるのが現実です。

管理人・ビッグゴミィより

img01

ゴミ屋敷で火事が起こると命の危険が高まってしまうんだなあ。まだ俺ひとりだったらいいけど、近所の人に迷惑がかかったり、増してやケガでもすることになったら詫びても詫びきれねえ。俺もさっさと業者に頼んでゴミを処分してもらうか!

見積もり費用で比べてみた!
茨城のゴミ屋敷片付け業者5選

※写真で見積もりを取ったため、あくまでも「およその金額」である。現地見積もりの際には、追加料金がかかる場合もあるそうだ。
税込・税抜に関しても各業者に確認してみてほしい。