茨城のゴミ屋敷に住む俺が片付け業者を調べてみた。 » 「私はこうして抜け出しました」ゴミ屋敷脱出体験談を集めてみた。

「私はこうして抜け出しました」
ゴミ屋敷脱出体験談を集めてみた。

img01

ゴミ屋敷の片づけを専門業者に依頼した経験がある人たちを取り上げ、その体験談を紹介していくぞ。これから片づけを依頼したい、あるいは依頼しようかどうか迷っているという場合には、大いに参考になるんじゃないかと思う。

ゴミ屋敷問題の解決、片づけ依頼の体験談をピックアップ!

「脱出を決意したきっかけは、マンションの防災点検でした」

大学卒業後に就職してワンルームマンション暮らしを始めましたが、日々の仕事の忙しさにかまけて、ごみ捨てや掃除を怠っているうちに、ゴミ屋敷状態となってしまいました。そんな折り、マンションの防災点検があるとの知らせ。慌てて片づけ業者さんを探し、大急ぎで依頼しました。

周りに知られたくないというお願いにもキチンと配慮し、てきぱきと片付けてくれました。正直、ゴミ屋敷を見せるのは恥ずかしかったですが、担当者さんが良い方だったので、安心してお任せできました。おかげで防災点検は無事済み、それ以降はごみ捨てや掃除をマメに行うようにしています。(30代女性)

参照元:粗大ゴミ回収本舗(https://sodaigomi-kaishu.com/ゴミ屋敷の片付け/l_mari_gomiyashiki_kirei/)

管理人・ビッグゴミィより

img01

このケースはある意味、この依頼者さんには幸運だったね。こうしたきっかけがないと、人間はずるずるゴミ屋敷状態を続けてしまうもの。早い段階で悪い癖を改める機会があったという点で、よかったと言えるんじゃないかな。

「年老いた両親の住む実家が、いつの間にかゴミ屋敷化!」

離れて暮らしている両親から、高齢化によって掃除や家事が大変になってきたという話は電話などで何度か聞かされていました。そして、久々に帰省してみると、ゴミ屋敷に限りなく近い状態となっていました。

慌てて家内と片づけに取り掛かりましたが、埒があかず、慌ててスマホで片付け業者さんを探して依頼。幸いなことに翌日駆けつけてくれ、見積もりを提示。2時間ほどでてきぱきと片づけてくれました

後日連絡してみると、以前のような生活を取り戻せており、掃除やごみ捨ても近所の方が手伝ってくれるようになったとのことでした。やはり、離れて暮らしていると分からないことが多いというのを痛感し、これ以後はまめに帰省するようにしています。(40代男性)

参照元:粗大ゴミ回収本舗(https://sodaigomi-kaishu.com/ゴミ屋敷の片付け/l_mari_gomiyashiki_kirei/)

管理人・ビッグゴミィより

img01

離れて暮らすご両親が年齢を重ねるうちに、自分でごみ捨てや片づけがままならなくなってしまう…高齢化社会というのは、こうした側面も持っているんだなぁ。決して人ごとと思ってはダメだね。

「捨てられない性格の母親でしたので…」

実家で同居していた時代からもそうでしたが、私が結婚して実家を離れたあとは、ますます不要なものでもどんどん溜め込んでいくということが進んでいました。押し入れや天袋にも入りきらないものがあふれるよになり、不要なものは捨てるように言っても「使えるのにもったいない」の一点張りでした。

そんな母も先日天寿をまっとう。ようやく実家の片づけが可能になりました。業者さんに依頼したところ、古い家具や古びた日用品など不要品の総量はトラック3台分になりました。なお、その後、実家は老朽化していたので取り壊し、長女一家が新居を建て直しました。

参照元:発言小町(https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/1226/745136.htm)

管理人・ビッグゴミィより

img01

高齢のご両親を持つ世代にとって「捨てられない」問題というのは、まさにあるあるだな。まあ、根本的に考え方が違うので、いくら断捨離を唱えても無意味だからねぇ…。それにしてもトラック3台分って…。

見積もり費用で比べてみた!
茨城のゴミ屋敷片付け業者5選

※写真で見積もりを取ったため、あくまでも「およその金額」である。現地見積もりの際には、追加料金がかかる場合もあるそうだ。
税込・税抜に関しても各業者に確認してみてほしい。